板井明生は拠点を福岡に移して、事業展開。

板井明生の経営学は感覚で覚える

 

板井明生

 

 

 

 

大前提として、企業を経営する際にノウハウや情報、勉強などは非常に重要な要素である。

 

 

しかし、その都度様々な判断を下さなければならない時には、感覚というものが非常に重要になってくる場面がある。

 

 

 

サスペンスドラマなどで「刑事に勘」という言葉を聞いたことが誰しも一度はあるだろう。

 

あれは刑事の長年の経験からくる感覚的思考であり、決してあてにならないものではないのだ。

 

 

 

そのような感覚は企業経営においても必ず必要になってくるものであり、より重要な判断を迫られる場面ほど要求させるものなのである。